甲府市立中道小学校体験講演会を実施

IMG_4762

11月22日(火)、北杜市いこいの杜コミュニティーパークにて、5年生の児童24名を対象に体験講演会を行いました。

 

今回の講演では、「モノづくりを通しての国際社会への貢献」をテーマに行いました。

実際に地雷が爆発する映像や、地雷被害の映像等を見て、地雷の恐ろしさを感じ取れたのではないかと思います。

模擬地雷原の体験では手作業による地雷除去の大変さを体験して頂き、実際の地雷除去機にも触れる事で、今回のテーマについて体感もして頂けたと思います。

また児童たちからは積極的な意見や質問が飛び交い、国際社会の一員として、今後平和について考える良いきっかけになって頂ければ幸いです。

いこいの杜コミュニティーパークにはアスレチック施設もありますので、最後に児童たち皆で伸び伸びと体を動かし、楽しんでおりました。

IMG_1269

2022年11月16日(水)、総合教育施設コミュニティーパークにて、1年生の学生30名を対象に見学会及び体験講演会を行いました。
今回は地雷除去・平和構築を基本にSDGsをについてお話させて頂きました。

SDGs(持続可能な開発目標)は「誰一人取り残さない」持続可能でよりよい社会の実現を目指す世界共通の目標です。

弊社が行うSDGs活動としては、貧困や飢餓を無くす事為に、地雷原の復興としてインフラ整備及び農業開発の推進を行う等の一例を紹介させて頂きました。

 

本講演会は、「モノづくりを通しての国際貢献」をテーマに行い、戦争や紛争での悲惨さ、
「地雷」の危険性、命の大切さを「国際理解」の一助として心に留めて頂きました。

地雷除去活動において、模擬地雷原の体験や地雷除去機の体験乗車、模擬地雷の見学を行いました。

SDGsの1~17項目の持続可能な開発目標について、実例を元に皆さんの理解が深まったと思います。
また学生自身の将来の展望を自ら考える材料に役立て、未来に向かって目的・目標意識を持って頂き、
社会に貢献し世界で活躍できる人材となって頂けたらと思います。

10月21日(金)、北杜市いこいの杜コミュニティーパークにて、6年生の生徒61名と保護者を対象に体験講演会を行いました。
今回の講演会は、児童の豊かな心の育成を目指す目的として「心の教育授業」の一環とし、
6年生の総合的な教育として、平和教育、ものづくりの知識を深めることを内容としました。
講演では、「モノづくりを通しての国際貢献」と「人づくり・モノづくり」について話を行い、
実際に地雷が爆発する映像や、地雷被害の映像等を見て、地雷の恐ろしさを感じ取れたのではないかと思います。

模擬地雷原の体験では、樹木や雑草の生い茂る中、地雷原を探求する事の難しさを実感できたと思います。また実際の地雷除去機に触れ、その大きさに感動している様子でした。

 

今回の体験講演の内容を通じて、今こうして平和に暮らす事が出来ることは、とても尊いものであると感じてもらいたい。6年生の児童が平和について考え、そして命の尊さを学び、「心の教育」として児童の皆さんが「命」について考えるきっかけになればと思います。

 

講演を聞いていただいた皆さんの感想

 ・今回はお忙しい中、地雷除去機について教えていただきありがとうございました。今回のお話しを聞き、地雷の怖さがよく分かりました。地雷の被害にあう人の40%が子供だと聞き、命の大切さを改めて考えました。改めて、今回はありがとうございました。大きな成長ができました。

 ・雨宮さんが言っていた、「何をすべきか、何をしたいかわかっている人は強い。」という話を聞き、私はしっかり目的をもち、しんねんをもち、未来をもって、未来を信じて、自分で未来を創造する!そのためにもいつも感謝を忘れない!今日は本当にありがとうございました。

・今回は、お忙しい中「地雷除去」の事を教えて下さりありがとうございました。

今回の講演で1番心に残ったのは、「地雷」は人をケガさせる道具ということです。まさに「生かさず殺さず」でした。でも日建さんは、そのような道具を除去する機械をつくっていて、そういう機械がもっともっと増えたら、世界が平和になると思いました。

 ・今回のお話を聞いて、私は雨宮さんのような、多くの人を助けるものを作れる人になりたいと改めて思いました。地雷について、詳しくはありませんでしたが、お話を聴いていく中で「人を生かしたまま苦しませる」というところが特におそろしいと感じました。だからこそ、地雷と戦う雨宮さんはすごいなと思いました。私も、雨宮さんが教えてくれた「ちえとアイデア」を忘れずに人を助けられるものを作りたいなと思います。

 ・雨宮さんの話を聞いて、地雷の恐ろしさと、苦労を知りました。地雷は人にけがを負わせるものであり、不幸にしてしまう恐ろしいものです。地雷除去機は、沢山の人の命を救っているすばらしい機会だと思いました。人々の笑顔を取り戻し、一人でも多くの命を救いたい、そんな思いが詰まっているのを感じました。

・雨宮さんの「死ぬまで地雷の仕事をしたい」という言葉に心をゆさぶられました。私もしょうらい、みんなの為に動ける人になりたいです。本当にありがとうございました。

弊社が支援している「コミュニティーパーク」(北杜市明野浅尾)がいよいよオープンしました。
このコミュニティーパークは総合教育施設として、
平和ミュージアムや地雷除去機の乗車体験、運動施設やキャンプ場等を有しています。
8月8日には、北杜市との災害防止協定を結び、市内で地震や水害などの大規模災害が発生した場合は
市民の一時避難場所として平和ミュージアムを開放する事となりました。

8月20日のオープニングセレモニーでは、地雷除去支援で親交がある公明党の山口代表、長崎知事、
上村市長、中谷衆議院議員をはじめ、約140名の皆様が出席されるなかテープカットが行われました。
セレモニーでは、平和体験講演会や地雷除去機の説明や、施設内の案内、
サッカー場ではオープニング試合が行われ、多くの方にご満足頂けたのではないかと思います。

今後、国際貢献活動として平和ミュージアムを活用し、世界の紛争後の復興に伴い復興やインフラ整備
などの技術訓練教育などを行っていきたいと思っております。

また、施設を通して様々な人達が集い交流でき、教育として人材育成の拠点や、スポーツ・文化と国際交流の場として、
山梨県におけるSDGsを根本とした地域創生を目指しております。

ページトップに戻る